愉快な“病人”たち

帯状疱疹で1週間10キロ痩せ…モモコさんは今も痛みと闘う

モモコさん(C)日刊ゲンダイ

 去年の10月の終わりに、ほっぺの下の部分がピリッとしたんです。見た目は何ともないんですけど、さんしょうを食べ過ぎた時に似たピリピリ感で初めての感覚でした。「おたふく風邪かな?」と思って内科にかかったら、血液とかエコーの検査をしてもらってもおたふく風邪じゃなくて、先生に「風邪のひきかけかなぁ」と言われました。

 それで、その日は処方してもらった風邪薬を飲みながら仕事したんですけど、やっぱりピリピリ感は治まらない。口の中かなと思って、次の日、仕事の前に歯医者へ行きました。そしたら、先生が「ロキソニンを飲みなさい」と痛み止めを出してくれたんです。

 でも、ロキソニンを飲んでも治るどころかだんだん痛くなって、その夜、左耳の穴のそばにある出っぱり(耳珠)にプツッと水疱ができました。それを見た身内の者が「帯状疱疹やと思います」と教えてくれました。彼女もかかったことがあるそうなんです。

1 / 6 ページ

関連記事