愉快な“病人”たち

宣告され頭が真っ白に…戸叶尚さん「精巣がん」を振り返る

戸叶尚さん(C)日刊ゲンダイ

 発症したのは2006年です。横浜からオリックスに移ったあと、楽天に移籍して2年目でした。7月下旬、どうもアソコに違和感がありました。右のタマ(精巣)が腫れてきたんです。でも、「おかしいな」と思ったのはそれぐらいで、ほかに症状はありませんでした。

 ほとんどの人は腫れていても気付きにくく、かなり腫れて破裂してから慌てて病院にかかるらしいんですけど、ボクはユニホームのズボンの下にスパッツをはいて、下半身を締め付けていたので、走った時に気付きやすかったのだと思います。

 そうはいっても、まさかがんとは思わなかったから、身に覚えはなかったけど「性病かな?」と思って、チームドクターに抗生物質を処方してもらいました。でも、2、3週間飲んでも治らない。場所が場所だけに病院に行きにくくて、トレーナーに相談したら、チームのかかりつけ医院の泌尿器科を予約してくれて、すぐに病院に行くことになりました。

1 / 6 ページ

関連記事