血管・血液を知る

有名俳優も発信「血液クレンジング」はなぜ批判されるのか

市川海老蔵(左)と森光子(C)日刊ゲンダイ

 歌舞伎の著名な俳優である市川海老蔵さんが受けていた「血液クレンジング」治療が話題になりました。国民的女優だった森光子さんも生前(2012年逝去)、スイスで受けていたそうです。

 患者さんから100~200㏄の血液を抜いてオゾンガスを混合し、点滴で体内に戻す治療法で、「オゾン療法」「大量自家血オゾン療法」とも呼ばれています。

 クリニックによっては老化防止や疲労回復、さらにはがんなどの病気にも効果があると謳っていて、その体験記をSNSやブログに投稿する芸能人も少なからずいらっしゃるようです。そのせいか、私の患者さんにも「やってみたいのですが……」と相談に来られるケースが増えています。

 結論から言えば、「エビデンスが乏しいため、私はおすすめしません」。

 この治療法は半世紀ほど前、ドイツなど欧州の医療機関からスタートしたといわれています。

1 / 3 ページ

東丸貴信

東京大学医学部卒。東邦大学医療センター佐倉病院臨床生理・循環器センター教授、日赤医療センター循環器科部長などを歴任。血管内治療学会理事、心臓血管内視鏡学会理事、成人病学会理事、脈管学会評議員、世界心臓病会議部会長。日本循環器学会認定専門医、日本内科学会認定・指導医、日本脈管学会専門医、心臓血管内視鏡学会専門医。

関連記事