Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

阪神・原口は3b期 大腸がんは錠剤の抗がん剤で再発予防

阪神の原口文仁捕手、オールスターでは豪快ホームラン!(C)日刊ゲンダイ

 がん治療とスポーツとの両立という点で、印象的です。阪神の原口文仁捕手のがん闘病会見が話題を呼んでいます。報道によると、ステージは3bで、進行した状態でした。1月に大腸がんが発覚してから6月に早くも一軍復帰ですから、治療がうまくいったのでしょう。

 大腸の粘膜に発生したがんは、大腸の壁の中を少しずつ深く進行。筋肉を越えて、リンパ節にまで広がった状態がステージ3bです。進行していても、離れた臓器への遠隔転移はなく、治癒は大いに期待できます。

 ステージ3全体の5年生存率は8割弱で、大腸がんは進行していても、ほかのがんに比べて治療成績がいいのです。

■ダヴィンチ手術なら1週間で退院可能

 そこで早期復帰のポイントを探ってみます。1月26日に手術し、1週間後の2月2日に退院。「おへその上下5センチくらいと4カ所」に穴を開けて内視鏡で手術を受けたそうです。入院が短期間で済んだのは、おそらくダヴィンチ手術の恩恵でしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事