医療情報の正しい読み方

インフルエンザ治療薬の効果を知るには厳密な試験が必要

インフルエンザ薬タミフル(C)共同通信社

 治療効果についての情報は「二重盲検ランダム化比較試験」の結果が重要ですが、インフルエンザの治療薬を例に、実際の研究を見てみましょう。

 この研究は、15歳から65歳までの症状の発症から36時間以内のインフルエンザ患者に対して、抗インフルエンザ薬のひとつであるオセルタミビル(タミフル)を1日2回、5日間投与し、その効果をプラセボと比較したランダム化比較試験で、2000年に発表されています。

 この研究ではオセルタミビルの量を75ミリグラムと150ミリグラムの2つをそれぞれプラセボと比較しています。薬の投与開始から症状消失までの時間で効果を検討していますが、オセルタミビル75ミリグラムでは平均76・3時間、150ミリグラムでは74・3時間でした。

 これに対して、プラセボ群では97時間。比較すると、オセルタミビル群でそれぞれ20・7時間、22・7時間早く症状がなくなるという結果でした。大ざっぱに言えばプラセボを使ったグループでは治るまで4日間かかるのに対し、オセルタミビルを使うと3日で治るということです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。

関連記事