愉快な“病人”たち

大泉逸郎さん9年前に脳梗塞「仲良く付き合っていくしか」

大泉逸郎さん(提供写真)
大泉逸郎さん(演歌歌手・78歳)=脳梗塞

 脳梗塞を発症したのは東日本大震災のあった2011年の1月18日だね。山形に住んでるんだけど、自宅の近くの友達の家に行ったら、急にグルングルン目まいがしてさ。頭痛もちょっとあったけど、目まいのほうがひどくて、もう歩きにくくて、まるで自分が振り回されてるような感じになったのさ。

 それで、友達の車ですぐに病院へ連れて行ってもらって、CTを撮ってもらったりしたら、脳梗塞だってわかって。小脳のところが真っ黒に写ってたから……小脳の脳梗塞だったんだね。それですぐに入院することになった。

「平衡バランスがとりにくくなるかもしれない」と先生に言われた通り、今も真っすぐに歩けなかったり、バランスを崩したりすることはあるよ。ステージで歌うときに暗い階段があると怖いし……。でも、これはもう友達みたいなものだと思って、仲良く付き合っていくしかないよね。

 脳梗塞っていうと、普通はお酒とかたばこが原因っていわれるけど、たばこはまったくやらないし、お酒もあんまり飲まないんだよね。3日にいっぺん、250ミリリットルの缶ビール1本を女房と分けて飲む程度だから。

1 / 5 ページ

関連記事