Dr.中川 がんサバイバーの知恵

堀ちえみさんは脳ドックで転移チェック MRIなら微小病変も見つかる

堀ちえみさん(C)日刊ゲンダイ

 がん患者の方が一番恐れるのは、転移です。がんと診断されたときよりも、強いショックを受けるといいます。なるべく早いうちにがんを見つけて治療するのは、厄介な転移を防ぐという意味が大きいのです。

 タレントの堀ちえみさん(53)は舌がんと食道がんを克服。先月のテレビ番組で歌声を披露し、話題になりました。前向きな堀さんは、検診にも前向きなようです。

 先月29日のブログによると、夫婦で脳ドックを受けたことが記されています。堀さんが脳ドックを受けるのは2年半ぶりで、昨年の2月の舌がん告白からは1年半。脳のMRI検査によって、転移を調べるのが目的だそうです。

 舌がんは首のリンパ節や顎の下に転移しやすく、食道がんも首のリンパ節に転移しやすい。MRI検査で頭頚部をチェックするのは理にかなっています。ブログには、「脳を診ていただく」ともあるので、脳転移のチェックも目的のひとつなのでしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事