時間栄養学と旬の食材

ビタミンとミネラルが豊富な「タラ」は夜に鍋で食べる

これからの季節お鍋もオススメ

 また、緑黄色野菜などに多く含まれるビタミンB群の一種で、胎児の正常な発育に欠かせない葉酸も含まれます。特にタラコにはビタミンB群の中でもエネルギーをつくり出して疲労回復の働きのあるビタミンB1や、肌荒れや口内炎を予防してくれるビタミンB2が豊富に含まれています。

 タラに含まれるミネラルの中で注目したいのが髪や皮膚を美しく保つのに役立つヨウ素や、高血圧の予防のためのカリウム。あっさりとしていますが、非常にたくさんの栄養素に恵まれているのです。

 時間栄養学的に「タンパク質やDHA、EPAの豊富な魚は炭水化物とともに朝食べましょう」と言っていますが、実はタンパク質オンリーでは体内時計はそこまでリセット効果はありません。 また、DHA、EPAもタラに含まれていますが、その量はサンマの約40分の1しかありません。そのため、ぜひ夜に食べたい魚といえるでしょう。タラ鍋など、炭水化物はなるべく取らずに食べるのがオススメです。

2 / 2 ページ

古谷彰子

古谷彰子

早稲田大学大学院卒。早稲田大学時間栄養学研究所招聘研究員、愛国学園短期大学非常勤講師、アスリートフードマイスター認定講師。「食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門」「時間栄養学が明らかにした『食べ方』の法則」(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

関連記事