時間栄養学と旬の食材

【マグロ】朝にご飯と一緒に食べて高血圧や動脈硬化を撃退

釣りたてよりスーパーの方がおいしい!?(C)日刊ゲンダイ

 マグロの名前の由来には、マグロの目が黒いので、「目黒」と書かれたことから次第にマグロと呼ばれるようになったという説、背中の色が黒く、海面から見ると黒い面しか見えないことからマグロと呼ばれるようになった説があります。寿命は10年から30年といわれており、泳いだまま一生を過ごします。時速100キロの高速で泳ぐため、水の抵抗が少ない流線形になっていることも特徴です。

 マグロは、良質なタンパク質を多く含み、筋肉や皮膚など体をつくる働きをします。血合い(魚の背と腹の間に存在する赤色線維筋と呼ばれる部分)のところにはアミノ酸の一種であるタウリンが、タンパク質の働きをサポートするとともに、内臓の機能がUPします。貧血の軽減や防止に効果的な鉄、ビタミンB12、大人だけでなく胎児や乳児の脳の状態・免疫機能などにも効果が期待できるとされるビタミンB6なども含まれています。

1 / 2 ページ

古谷彰子

古谷彰子

早稲田大学大学院卒。早稲田大学時間栄養学研究所招聘研究員、愛国学園短期大学非常勤講師、アスリートフードマイスター認定講師。「食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門」「時間栄養学が明らかにした『食べ方』の法則」(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

関連記事