時間栄養学と旬の食材

ビタミンとミネラルが豊富な「タラ」は夜に鍋で食べる

これからの季節お鍋もオススメ

 漢字にすると「魚へんに雪」と書くように、冬を代表する魚、タラ。その種類はマダラ、スケトウダラ、コマイなどたくさんありますが、北海道や北陸ではスケトウダラを、その他の地域ではマダラをタラと呼ぶことが多いといいます。スケトウダラの卵巣を塩蔵したものがタラコになります。

 タラは日本食品標準成分表における生のマダラ100グラムのエネルギーは77キロカロリー、タンパク質は17.6グラム、脂質は0.2グラム。同量の鮭のエネルギーは138キロカロリー、タンパク質は18グラム、脂質は3.6グラムであることからも、高タンパク低脂質であることがわかります。脂質が少ない分、エネルギーも少ないのです。

 その他ビタミン類もバランスよく含まれていて、特にカルシウムやリンなどの吸収力を高め、骨を丈夫にしてくれる働きがあるビタミンDが多く含まれています。今年新しく改定された日本人の食事摂取基準2020年度版でも、積極的な摂取がうたわれているほど、ビタミンDは今の日本人に不足している栄養素のひとつです。

1 / 2 ページ

古谷彰子

古谷彰子

早稲田大学大学院卒。早稲田大学時間栄養学研究所招聘研究員、愛国学園短期大学非常勤講師、アスリートフードマイスター認定講師。「食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門」「時間栄養学が明らかにした『食べ方』の法則」(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

関連記事