Dr.中川 がんサバイバーの知恵

BOROが手術に踏み切る腎臓がん 腹部エコー検査で早期発見

シンガー・ソングライターのBOROさん(C)共同通信社

「大阪で生まれた女」でおなじみの歌手BOROさん(66)が腎臓がんだと報じられました。3年前に左の腎臓に影が見つかり、経過観察していたところ、昨年1・5センチに。専門医を紹介され、腎臓がんと診断され、手術を受けるそうです。

「早期発見で手術ができ、自覚症状もない。必ず完全復活して、またステージで歌います」

 早期発見で大事に至らなかったのは何よりでしょう。実はBOROさんのようなケースは珍しくありません。健康診断や人間ドックでたまたま見つかったり、ほかの病気で受けた検査で発見されたりするケースが増えているのです。偶然見つかるがんを偶発がんといいます。

 1960年代、腎臓がんで偶発がんの割合は2%ほど。腫瘍が大きくなることによる背中や腹部の痛みやしこり、腫瘍の出血による血尿などの症状で見つかるケースがほとんどでした。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事