時間栄養学と旬の食材

アーティチョークは朝食で 食物繊維が豊富で食後血糖値を抑制

朝食に取りたい食材

 アーティチョークはキク科の多年草で、チョウセンアザミとも呼ばれます。芋、ゆり根、カリフラワーの軸を合わせたような独特の食感と風味を併せ持っていて、地中海沿岸では春から初夏の旬を彩る野菜として一般家庭でも食べられている食材です。

 日本には江戸時代にオランダから持ち込まれ栽培されましたが、食材としてではなく観賞用として広まったそうです。最近、本格的なイタリアンやフレンチを提供するお店も増えたことから、日本でも流通し始めました。国内では、三浦半島をはじめ千葉県、大阪府、茨城県、神奈川県、群馬県などで無添加の良質なアーティチョークが生産されています。

 食物繊維量が大変多く100グラム中、8.6~8.7グラムと野菜の中でもトップクラス。中でもカルシウムなどのミネラルの吸収を促す働きがある水溶性食物繊維のイヌリンが含まれています。コレステロール値や中性脂肪値を下げたり、便通改善効果もありますし、朝ごはんにイヌリンを摂取することで夕食時の食後血糖値を抑制する作用も報告されています。ぜひ、朝食に取りたい食材ですね。

1 / 2 ページ

古谷彰子

古谷彰子

早稲田大学大学院卒。早稲田大学時間栄養学研究所招聘研究員、愛国学園短期大学非常勤講師、アスリートフードマイスター認定講師。「食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門」「時間栄養学が明らかにした『食べ方』の法則」(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

関連記事