医療数字のカラクリ

ナチスの「人体実験」を忘れないための「ヘルシンキ宣言」

 今回からは「人体実験」を「臨床試験」と呼ぶことにします。ここには「敗戦」を「終戦」と言い換えるような“目くらまし”という面があり、むしろ「人体実験」と呼んだほうがいいのではという気もします。しかし、それでは誰も実験に参加してくれなくなって、人間を対象とする医学研究そのものを困難にする可能性が高く、ここは「臨床試験」という言葉で手を打とうというところでしょう。

 そうした言葉の言い換えで負の側面が覆い隠されないように、臨床試験にはさまざまな外的な規制が設けられています。その中に、臨床試験の倫理面に関する規制として、「ヘルシンキ宣言」と呼ばれる倫理規定があります。

 この宣言は、「人間を対象とする医学研究の倫理的原則」という副題が付いています。

「人間を対象とする医学研究」の一部は「人体実験」つまり「臨床試験」です。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。