医療数字のカラクリ

「治験ボランティア」のカネとリスク

 ネットで治験ボランティアを募集するサイトがあります。のぞいてみると、ちょっと心配な面があります。

「動物を用いた試験で、効果と安全性が確認されたものだけが新しい薬の候補となり、人による臨床試験に入ります」などと書かれているページがあります。動物で安全なものが人間で安全かどうか分からないからこそ治験が必要になるのであって、この説明は誤解を生む可能性があります。

 ただ、危険性を強調しすぎると参加者がいなくなって治験が実施できなくなるのも問題で、難しいところです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。