大都市圏なんでも健康ランキング

急性心筋梗塞死亡率 東海では三重県が全国平均より2割高い

三重県志摩市(C)日刊ゲンダイ

 東海三県(愛知県・岐阜県・三重県)は、急性心筋梗塞で亡くなるリスクがさほど高くありません。とくに愛知県は全国平均よりも低めになっています。域内の急性心筋梗塞の標準化死亡リスク(男性)ワースト10とベスト10を〈別表〉にまとめました。標準化死亡リスクは年によって変動しますが、数字は2008~12年の5年間の平均値です。また町村は人口が少なく、誤差が大きいため除いています。

 ワースト10の多くが、三重県中部や南部の自治体で占められています。三重県全体の数字は118.3。全国平均と比べて約2割、急性心筋梗塞で亡くなるリスクが高いことを意味しています。しかし四日市市や鈴鹿市など、北部の自治体の数字は100を切っています。これは、名古屋に通勤する人が多いからかもしれません。仕事中に心筋梗塞に襲われても、市内に大病院が揃っているため、救命率が高くなるからです。

 一方、津市より南は、数字がかなり悪くなっています。名古屋まで通勤するには遠すぎるうえに、有力病院が少ないことが最大の要因と思われます。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。