大都市圏なんでも健康ランキング

関西圏の出生率 大都市苦戦も大阪・鶴見区は唯一10傑入り

(C)日刊ゲンダイ

 関西圏(大阪府・京都府・兵庫県)は、首都圏に匹敵する低出生率地帯です。ただし市区間での格差は、首都圏よりも顕著です。合計特殊出生率(女性が一生の間に産む子供の平均数)がトップの福知山市と、最下位の京都市東山区では、2.5倍以上の開きがあります。

 福知山市の数字は1.96に達しています。人口維持に必要といわれる2.1に手が届きそう。ここで生まれた子供たちが、そのまま暮らし続けるとすれば、福知山市は長きにわたって存続できるでしょう。

 しかし若者の多くは大都市に吸い寄せられてしまい、戻ってくる者はわずかです。実際に福知山市は衰退し、東山区は繁栄を続けるはずです。

 ベスト10に入っている自治体の多くは、京都府や兵庫県の中部から日本海側です。瀬戸内海の淡路島からもランクインしています。それらの自治体は、関西3大都市への通勤圏としては遠過ぎるため、逆に豊かな自然や農産物・海産物に恵まれています。環境や食べ物が良ければ子供が生まれやすい、ということを実証しているようです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。