天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

画期的な体外循環装置の人工心肺にも“デメリット”がある

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ
心臓を止めて行う手術には欠かせないが……

 心臓手術において、「人工心肺」は欠かせない機械です。心臓手術は年間6万5000件ほど行われていますが、その7割は人工心肺を使用するか、もしくは準備しておく手術になります。

 人工心肺は体外で心臓と肺の“代役”を務める装置です。全身に血液を送り出す心臓の「出口」=「大動脈」に血液を送り出す送血管という管を入れ、全身から血液が戻ってくる「入り口」=「上下大静脈」(もしくは右心房)には脱血管という管を挿入します。それぞれの管を心臓が担うポンプ機能と、肺が担う二酸化炭素と酸素の交換機能を持っている装置につなぎ、血液を体外で循環させるのです。

 人工心肺が登場したのは1950年代です。それまでは、心臓を止める手術をする場合は「交差循環法」という手術が行われていました。たとえば、子供の心臓手術を行う際、子供の動脈・静脈と健康な母親(または父親)の動脈・静脈を管でつなぎ、子供の心臓が停止しても母親から血液が全身に送られるという方法です。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。