愉快な“病人”たち

診断に7年…漫画家・島津郷子さんとパーキンソン病の闘い

「また漫画が描けるようになったことがうれしかった」と語る島津さん(C)日刊ゲンダイ

 2008年に「パーキンソン病」と診断され、頭に電極を植え込む「脳深部刺激療法(DBS)」という手術をしてから9年が経ちました。胸の少し上には電源となる小さい箱が左右1つずつ埋め込まれていて、そこから頭に電気信号を送っています。まるで、サイボーグみたいでしょう?(笑い)。3~4年に1回、電池交換もするんですよ。

 この病気は国が指定する難病で、ゆっくり進行する原因不明の神経変性疾患です。手足の震えや歩行困難、発語障害のほか、うつ症状などいろいろな症状が起こるのですが、それ自体で命を落とす病気ではありません。 

 異変に気付いたのは01年の初頭、「ペンを持つ手が震えてしまう」ことから始まりました。当時は連載を抱え、スタッフも多い時で7~8人いた頃。月100ページ近く描くこともあり、疲労がたまっていた上、漫画家としては致命的な症状に焦りを感じました。

1 / 5 ページ

関連記事