天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

心臓手術を受けた後に心房細動が表れる患者が増えている

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 外科医として独り立ちしてから二十数年、あらためて実感しているのが、「心臓の手術を受けた人は、術後に心房細動になりやすい」ということです。

 これまでも言われていたことなのですが、術後に心房細動を発症したことによって、脈が出にくくなってペースメーカーを埋め込んだり、脳梗塞を起こしたり、脳梗塞を予防するために抗凝固剤を飲み続けなければいけなくなったり……そうした患者さんに外来で出会う機会がたくさんあるのです。

 心房細動は、心臓が細かく不規則に収縮を繰り返し、動悸や息切れなどの症状が出ます。長期間続くと心機能低下に伴って心臓内で血栓ができやすくなり、それが脳に飛んで脳梗塞を引き起こすケースもあります。心臓の働きが落ちてしまうため、もともと心臓が弱っていた人はさらに状態が悪化し、足がむくんだり、体重が急激に減ったり、心不全の症状を起こします。術後の心房細動を決して甘く見ることはできません。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事