健康ポイント どっちが勝ち?

疲労回復には微糖コーヒーよりグレープフルーツジュース

微糖コーヒーvsグレープフルーツジュース(C)日刊ゲンダイ

 90%以上のサラリーマンが、だるさや倦怠感、日中の眠気が取れないというデータがあります。これをご覧いただいているみなさんも、疲労感と日々付き合いながら、仕事と戦っているのではないでしょうか。

 疲れたなと感じてブレークタイムに飲むドリンクは「微糖タイプのコーヒー」と「グレープフルーツジュース」のどちらが良いのでしょうか。

 コーヒーのカフェインは、眠気を防止したり、シャキッとした感じを与えてくれたりします。少し甘いと血糖値も上がってホッとしたり、脳の働きが良くなるように感じられます。カロリーを気にして、微糖タイプのコーヒーを選ぶ方もよくいらっしゃいますが、牛乳やコーヒー、砂糖のほかにも添加物がたくさん入っているのでおすすめできません。

 敬遠されがちのジュースですが、グレープフルーツやオレンジ、レモンなど柑橘(かんきつ)系のものはクエン酸が入っていて糖質の代謝を促し、疲労回復の効果が期待できます。だから、微糖タイプのコーヒーと比較すると、グレープフルーツジュースの方が疲労回復には良いでしょう。

1 / 2 ページ

柴田真希

健康で楽しい「食」を提案する「エミッシュ」代表取締役。「私は『炭水化物』を食べてキレイにやせました。」など著書多数。ブログ「管理栄養士 柴田真希のシアワセ♪Makitchen」が好評。

関連記事