がんと向き合い生きていく

種類がさまざまな「小児がん」大学病院だからといって診療できるとは限らない

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 元癌研究会付属病院院長だった西満正氏は、「いたいけな小児の癌を治す道 早く見つけん高齢者癌よりも」と詠みました。この世で最も残酷で悲しいのは、若い人の死・子供の死であると思います。

 小児がん(0~14歳)の年間死亡数は約300人です。他の成人の多くのがんに比べると、亡くなる割合は少ないといえますが、ご家族や周囲のショックは計り知れません。

「小児のがん」といってもさまざまです。罹患数では、おおよそ白血病が30%、悪性リンパ腫が10%、脳腫瘍が14%、神経芽細胞腫が12%となっています。ですから、小児科で診察してもらえるとはいっても、小児の血液内科であったり、小児外科、脳外科であったりで、がんの種類によって科も違います。大学病院だからといって診療できるとも限りません。

 大学病院でも、ほとんどが白血病・リンパ腫を診ている病院、脳腫瘍を診ている病院など、診療できるがんは違っています。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事