Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

南果歩さんが切り替え 乳がん代替療法は死亡リスク5.7倍

南果歩は乳がんの薬物治療を副作用で中断(C)日刊ゲンダイ

 前回、女優の南果歩さん(53)が乳がんの薬物治療を副作用で中断したことに触れましたが、問題はその先。本来は、中断は「一時的」で、副作用が落ち着いたら治療を再開すべきですが、南さんは「代替治療に切り替えた」と語っています。中断はケース・バイ・ケースでOKだとしても、健康食品やサプリなどの代替療法への切り替えは決してよくありません。

 昨年8月、その根拠を示すのに十分な論文が発表されました。米エール大の研究チームは2004~13年にかけて、乳がん、肺がん、前立腺がん、大腸がんになった合計840人を追跡。代替治療を行う280人と標準治療(手術、放射線、抗がん剤)を行う560人に分けて生存率を比較したところ、代替療法群は標準治療群に比べて死亡リスクが2・5倍高かったのです。

 最もハイリスクは乳がんで5.7倍。以下、大腸がん4.6倍、肺がん2.2倍と続きます。前立腺がんは、リスクが上がる傾向はありませんでした。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事