Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

南果歩さんは選択 乳がんでも治療を中断できるケース

抗がん治療を中断していることが明らかになった女優・南果歩(C)日刊ゲンダイ

 驚いた人もいるでしょう。女優の南果歩さん(53)が、乳がん啓発イベントで「ハーセプチンという抗がん治療をストップしています。抗女性ホルモン剤の投薬もストップしています」と語りました。「手本にならずとも、見本にしていただければ」とがん患者に呼びかけたのです。

 結論からいうと、病期や乳がんのタイプによっては、治療を差し控える選択はアリだと思います。昨年3月、ステージ1の乳がんで、手術を受けました。その後の薬物治療で、血圧上昇の副作用が認められ、治療を中断したそうです。

 では、どんな病期やタイプなら、薬物治療を中断できるのか。

 ステージ1は、乳がんの大きさが2センチ以下で、乳房の外に広がっておらず、リンパ節への転移もありません。再発率は10%以下です。

 乳がんは、遺伝子の発現の仕方によって、ルミナルA、ルミナルB、HER2陽性、トリプルネガティブの大きく4つに分類されます。そのパターンによって、ホルモン剤や抗がん剤の効き方が変わってくるのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事