愉快な“病人”たち

4回目の手術前に遺書 仁科亜季子が振り返る壮絶がん治療

「孫が成人するまでは元気でいたい」と語る/(C)日刊ゲンダイ

 3年前に「大腸がん」の手術を受ける前、初めて遺書を書きました。子供や孫のために、お金のことなんかまで細かく書いたんです。でも、無事に治って帰宅した時、すぐに破り捨てました(笑い)。

 過去3回の手術と放射線治療などの影響による腹内の癒着で、その大腸がんの手術は大変だったと知りました。無事にがんの切除は終わったのですが、縫った傷口が術後に感染症を起こして膿がたまってしまったんです。そのため、後日あらためて縫ったところのすぐ横の部分を8センチほど切開して膿を排出する処置を受けました。しかも、2度目に切開した傷口は縫わずにそのままで終わり。先生からは「お風呂で傷口を洗ってください」と言われました。それほど深く切開したわけではないにしても、パックリ傷口が開いた状態なのに……ウソみたいでしょう?

 遡ると、1991年の「子宮頚がん」から始まって、99年には「胃がん」で胃の3分の1を摘出しました。08年には「ジスト(悪性腫瘍)」で盲腸もろとも腫瘍を切除。そして大腸がんでは腸を20センチほど取りました。

1 / 5 ページ

関連記事