天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

心臓の悪性リンパ腫の手術でチーム医療の重要性を再確認

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 先日、「心臓の悪性リンパ腫」の手術を執刀しました。心臓外科医として独り立ちしてから二十数年間で初めて遭遇した非常にまれな疾患です。

 患者さんは80代の女性で、心不全に似た症状があって来院されたようでした。近年は患者さんの全身状態を把握するため、術前にPET―CT検査を行う場合があります。そして、その患者さんもPET―CT検査をしたところ、心臓に悪性疾患らしきものがあることがわかったのです。

 PETとは陽電子放出断層撮影のことで、放射性物質を含んだブドウ糖に近い成分の薬剤(FDG)を体内に投与し、薬剤が臓器などに取り込まれた状態を特殊なカメラで捉えて映像化します。がん細胞は活動が活発なため、通常細胞の3~8倍ほどのブドウ糖を取り込む特徴があります。そのため、病変があるところに薬剤が集積するので、がんが疑われる場所を推測できるのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事