愉快な“病人”たち

異変は突然 藤崎奈々子「チョコレート嚢胞」摘出手術語る

15年5月に手術を受けた(C)日刊ゲンダイ

 手術のとき、10、9、8……と数えた辺りで世界が揺れて、「すごい!ホントだ!」なんて思った瞬間にブチッと意識が切れました。そして、パチパチと頬を叩かれて起こされたのです。すごいですよね、全身麻酔って(笑い)。

 事前に経験者から話は聞いていたんです。「3、2、1でいきなり無になる」って。「なにそれ?」と思って楽しみで仕方ありませんでした。

 手術を受けたのは、2015年5月下旬。病名は「チョコレート嚢胞」です。卵巣に子宮内膜に似た組織ができて、卵巣の中に嚢胞(液体を含んだ袋状のもの)ができてしまう子宮内膜症の一種です。月経に伴って卵巣に少しずつ血液がたまって大きくなり、月経痛や不妊に関係するほか、悪性化する可能性もある病気だそうです。

■ロケ先の朝食中「死を感じるレベルの腹痛」に襲われる

 チョコレート嚢胞があることは、手術をする3年ほど前から分かっていました。健診でPET―CT検査を受けたときに見つかっていたんです。でもそのときは「小さいから大丈夫。定期的に検査すれば」と言われ、「気にしなくていいんだな」という認識でした。

1 / 5 ページ

関連記事