ニューヨークからお届けします。

ダニと蚊が媒介する病気に注意 米CDC疾病対策センター警鐘

蚊の駆除をする作業員(C)AP

 ニューヨークでは、長かった冬が終わったかと思えばすぐに夏のような天気となり、昨日までは暖房、今日からは冷房という極端な気候となっています。

 そんな中、アメリカCDC疾病対策センターは「この夏はダニと蚊が媒介する病気に注意」するよう呼びかけています。ダニや蚊が媒介する病気の発生が激増しているからです。

 報告されているだけでも、2004年の2万7000件から16年には9万6000件と3倍以上も増加。04年以降、新たな病気も7種類、発見されています。

 そのひとつが09年に発見された「ハートランド・ウイルス」と呼ばれるもの。アメリカ南部から中西部に生息するダニが媒介し、症状はやはりダニによって感染するエールリヒア症に似て、白血球に感染してそれを破壊、場合によっては重篤な症状を引き起こします。

 また、ダニが媒介する従来の病気であるライム病などの感染症も増加傾向にあり、報告されないものも含めると年間30万人が罹患しているとまでいわれています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事