愉快な“病人”たち

告知に泣いてしまい…小林アナさん乳がん手術決意と逡巡と

小林アナさん(C)日刊ゲンダイ

「エッ! 全摘ですか?」 何が何だか頭の中がパニックになっているのに、「どうします?」と先生に聞かれて、思わず「わかりません」と言いながら泣いてしまいました。

 でも、おかげさまであれから無事に5年が経過しました。泣いて悩んだ割には、結論は貪欲で、何でもない左胸も豊胸手術をして全体に1・5カップ増し(笑い)。本当に手術をしてよかったと思っています。

「乳がん」がわかったきっかけは、自治体から送られてきた子宮頚がん検診の無料クーポンです。無料だから受けてみようと思い、ついでに3年ほど受けてなかった乳がん検診を受けました。実は母が40代で乳がん手術をしていたので、頭の隅には常にありましたが、当時はまだ31歳だったので特に気にしていませんでした。

 エコーと触診とマンモグラフィーの検査を受けた結果、唯一、マンモグラフィーの検査結果の中に「右乳房石灰化」と「再検査」の文字がありました。母の乳がん経験とネット情報などから「しこりがないなら大丈夫か」と思ったのですが、不安もあったので、すぐに病院に勤める叔母に病院を紹介してもらい、「念のためマンモトームを」と言われ、その検査を受けました。胸に部分麻酔をして5ミリほどメスを入れ、3~4ミリの針を刺して組織を吸引・採取する生体検査です。

1 / 5 ページ

関連記事