天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

心臓が弱っている人は水分の取り過ぎに注意が必要

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 酷暑が続き、毎日のように熱中症で倒れる人が相次いでいます。予防のためには小まめな水分摂取が大切ですが、心臓が弱っている人は注意が必要です。水分の過剰摂取が心臓に負担をかけ、酷い場合には重症化してしまうケースもあるからです。

 とりわけ水分制限が重要になるのは「心不全」の患者さんです。心不全というのは病名ではなく、すでに心臓疾患を抱えているなどで心臓の機能が低下し、十分な血液を送り出せなくなっている状態を指します。

 心臓が正常に機能している人の場合、点滴を10リットル入れると8リットルくらいの水分が尿として排出されます。ところが心不全の患者さんは、10リットル入れると4リットル程度しか排出されません。体内の水分は血液として心臓から腎臓に送り出され、尿として排出されます。ポンプである心臓の働きが弱っている人は、腎臓に血液を十分に送り出せないため水分をうまく処理できず、水分が体内にたまってしまうのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事