がんと向き合い生きていく

妻を亡くした知人は「闘わない」と決めていたのだろうか

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 友人Oさんの弟Mさん(当時55歳)と、その奥さまUさん(当時53歳)のお話です。ずいぶん前のことですが、それでもその頃の「がん告知」は、患者自身にすべてを告げるようになっていました。

 ある時、Oさんから電話で「Uさんに血便があった」と相談があり、私の勤務する病院の大腸外科に紹介したところ、大腸がんが見つかって手術となりました。手術では腹腔内のリンパ節にがんの転移が認められ、手術後に化学療法が行われましたが、その後、肺に転移が見つかります。検査や治療法の選択は、すべて担当医とUさんとが相談して決め、夫のMさんはいつも傍らにいましたが、言葉を挟むことはなかったようでした。

 Uさんは化学療法の副作用に耐えて頑張りましたが、その後、がんは左大腿骨、骨盤にも転移し放射線治療も受けました。Uさんは心の面でも落ち込み、精神科医の支援を受けながらの闘いでした。入退院を繰り返しての2年間でしたが、がんの進行は速く、最後はホスピス病棟で過ごされました。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事