がんと向き合い生きていく

患者にとって「がん」という言葉は計り知れないほど重い

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 私が担当している内科外来診察室でのことです。元商社マンのBさん(80歳)は高血圧で通院治療をしていますが、今回は予定を早めて来院されました。声がかすれるため自宅近くの耳鼻科で鼻からの内視鏡検査を受けたところ、「声帯の安静と抗炎症剤で様子を見ましょう。きっと声帯ポリープで、がんではないだろうとは思いますが……」と言われたそうです。

 ただ、Bさんにしてみれば安心できず、「耳鼻科の先生は『がんではないだろうとは思いますが』と言うが、それでは困る。もっとしっかりしたがん専門の信頼できる医師を紹介してほしい」と言います。ひとまず耳鼻科医が処方した内服薬で様子を見て、また相談することになりました。

 非常勤社員のOさん(65歳・男性)は職場の健診でPSA(前立腺特異抗原)の高値を指摘され、前立腺がんを心配して来院。その際、Sがん拠点病院の泌尿器科を紹介し、2カ月後に検査結果を持参して再び戻ってこられました。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事