Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

私自身がんに<1>膀胱の内視鏡画像を見たときのショック

疑いようのない画像結果に…(囲み部分)/(提供写真)

 非喫煙者の私がこのがんにかかった理由などありません。運が悪かったとしかいえないと思います。血尿が早期発見のカギになりますが、私の場合、尿潜血は陰性でした。

 自分自身で行った超音波検査が早期発見につながりましたが、一般の方には不可能ですし、頻度が低いためがん検診の項目にも含まれません。しかし、自分でできることはすべて行うべきだという教訓にはなると思います。

 昭和天皇の膵臓がんの手術を担当した大腸がん専門医の先輩に、定期的に自分で「直腸指診」をするようにアドバイスされたことがあります。「そこまでは」と思いますが、たとえば女性なら乳がんのセルフチェックくらいは行ってもらいたいと思います。次回は、手術後のことについてお話しします。

3 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事