ニューヨークからお届けします。

アメリカ2州で妊娠中絶がほぼ全面禁止 避妊を制限する州も

妊娠中絶への厳しい罰則を公約に掲げたトランプ大統領(C)ロイター

 アメリカの各州で非常に厳しい妊娠中絶法が次々に成立し、全米に衝撃を与えています。

 アラバマ州では15日、妊娠中絶を全面的に禁止する法律が成立。レイプ、近親相姦などの例外もなく、妊娠中絶の手術をした医師には最高99年の禁錮刑が科されることもあるという厳しい制度です。

 ジョージア、オハイオの2州では、アラバマ州に先駆け、胎児の心臓の鼓動が探知された時点以降の中絶を禁止する法が成立。胎児の心臓の鼓動が聞こえるようになるのは早ければ妊娠6週間で、多くの女性はそれまで妊娠に気付かないことから、事実上の全面禁止と考えられています。

 この2つの新法の背景には、「胎内にいる赤ちゃんの人権も認めるべき」という主張があります。それに従うと、ジョージア州の場合は胎児も扶養家族として税控除の対象にできる一方、妊娠中絶を受けた女性に殺人罪が適用される可能性があり、流産した場合でも10~30年の禁錮刑が科されるという解釈も可能です。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事