進化する糖尿病治療法

「たまにはいいよね」の「たまに」は本当に「たまに」?

本当に「たまに」?

 今回は、「たまにはいいよね」問題についてお話ししたいと思います。

 ダイエット中だけど、たまに友達と会った時くらい思う存分食べてもいいよね。減塩しているけど、誕生日だから気にしなくていいよね。摂取カロリーに気を付けてと医師や管理栄養士に言われているけど、今日くらいラーメン食べて帰ってもいいよね……。

「たまにはいいよね」という言葉の誘惑に、負けてしまった経験がある人は多いでしょう。糖尿病や高血圧など生活習慣病は、一生うまく付き合っていかなければなりません。だから、たまにハメを外してしまっても、ほかの日でカバーできれば特に問題はありません。たまのご褒美の日を楽しみに、日々、栄養のバランスに気を付けた、減塩・減脂肪の食生活を続けていけるなら、それはそれでいいことでしょう。

 しかし、立ち止まって考えていただきたいのは、「たまに」というのがどれくらいの頻度なのか? 年に1~2回ならOK。でも、毎週、毎月のように「たまに」が重なるようなら、当たり前ではありますが、それはすでに「たまに」にはなりません。

1 / 4 ページ

坂本昌也

専門は糖尿病治療と心血管内分泌学。1970年、東京都港区生まれ。東京慈恵会医科大学卒。東京大学、千葉大学で心臓の研究を経て、現在では糖尿病患者の予防医学の観点から臨床・基礎研究を続けている。日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本内分泌学会の専門医・指導医・評議員を務める。

関連記事