日本人で良かった!公的医療保険

米国における乳がん治療の実際<3>医師は意見を述べるだけ

写真はイメージ

 米国在住の50代の日本人女性Aさんが乳がんを宣告され、治療に奔走する話の3回目です。精密検査で石灰化が確認され、ごく初期の乳がんと診断されたAさんは、都合3回の手術を受けることになりました。最初の2回は部分切除にチャレンジしましたが、いずれも取り残しがあり、最終的に全摘手術に。Aさんはその間、すべてを自ら主体的に進めなければ何ひとつ治療が進まない米国式医療に翻弄されっぱなしです。精密検査の造影MRIの手続き、その結果の確認、手術の予約も自分で行わなければ誰もやってくれません。2回の部分切除手術では、手術時間を含めて病院には3時間ほどしかいられませんでした。全摘手術をした3回目は1日のみの入院で手術後、執刀医との話もなし。廃液チューブを体にぶら下げたまま退院し、廃液量を毎日記録、それを持参して通院。チューブが抜けると事前に手続きしていた乳房再建手術が始まりました。Aさんはこうした段取りと手続きをほぼひとりで粘り強く進めたのです。

1 / 3 ページ

奥真也

埼玉医科大学総合医療センター客員教授、医師。1962年生まれ。東大医学部卒、英レスター大学経営大学院修了。専門は放射線医学、核医学、医療情報学、医療ビジネス論。仏国立医学研究所留学、東大付属病院22世紀医療センター健診情報学准教授などを経て製薬、医事コンサルティング、医療機器の会社に勤務。

関連記事