上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

医療安全を考慮して「手術をしない」選択がされるケースも

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 患者さんを守るためにEBM(根拠に基づく医療)を含む「医療安全」を考慮した結果、外科医が「手術をしない」という選択をしなければならないケースもあります。しっかりしたエビデンスがなかったり、ガイドラインでは推奨されていない治療を行うことは、患者さんにとって不利益になることが分かってきたからです。患者さんの安全を優先して最初から手術をしないというケースは、かつてはほとんどありませんでした。どんな患者さんでも、外科医のところまでやって来た時点で“手術ありき”だったからです。そんな時代は、「処置できるかどうかはわからないけれど、とりあえず開腹してみましょう」といったケースも珍しくありませんでしたが、いまは限りなく少ないレベルと言えます。

 そうした医療安全やエビデンスを軽視した治療を行って、もしも何かトラブルが起こったときは、患者さんはもちろん医師や病院にとっても致命傷になりかねません。ですから、医師は治療を行う前に、患者さんが納得して同意するまで丁寧に治療の説明をします。

1 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事