新型コロナワクチンの疑問に答える

ワクチンの起源はいつ? 撲滅されたウイルスはあるのか

新型コロナのワクチンはmRNAワクチンが世界の主流に(C)ロイター

 新型コロナウイルス感染症のワクチンは、ファイザー社やモデルナ社のmRNAワクチンが世界の主流になっている。mRNAの人類史上初の実用化で、効果や副反応が注目されているが、今回は「ワクチンの歴史」をひもといていく。

【Q】ワクチンの起源は?

【A】「1796年、イギリスの開業医エドワード・ジェンナーは牛痘を接種することで、天然痘の発症が防げることを発見しました。人類初のワクチンはここから始まっています。ワクチン(Vaccine)という言葉は、ラテン語のVacca(雌牛の牛痘ウイルス)が由来。ジェンナーは、牛痘に罹ったことのある牧場夫が痘瘡の流行時に罹患しなかったことに慧眼をもって観察をしました。そして、牛痘に罹った牛の膿疱部位の膿汁を処理したものを子どもに接種したのです。現在は、私たちの人体に接種して、体内の病原菌と闘う抗体や細胞性免疫などの反応を生じさせるもののことをワクチンと称しています」

1 / 4 ページ

奥田研爾

奥田研爾

1971年横浜市立大学医学部を卒業後、米国ワシントン大学遺伝学教室、ハーバード大学医学部助教授、デューク大客員教授、スイスのバーゼル免疫研究所客員研究員として勤務。2001年横浜市立大学副学長、10年から名誉教授。12年にはワクチン研究所を併設した奥田内科院長。元日本エイズ学会理事など。著書に「この『感染症』が人類を滅ぼす」(幻冬舎)、「感染症専門医が教える新型コロナウイルス終息へのシナリオ」(主婦の友社)ほか。

関連記事