独白 愉快な“病人”たち

突発性頚椎硬膜外血腫と闘う三浦雄一郎さん「ストックを突いて歩けるだけ儲けもの」

三浦雄一郎さん(左は次男の三浦豪太さん)/(本人提供)
三浦雄一郎さん(89歳/プロスキーヤー・登山家)=特発性頚髄硬膜外血腫

 2020年6月3日、僕は「特発性頚髄硬膜外血腫」という100万人に1人と言われる珍しい難病を発症して緊急手術を受けました。でも、それから1年後の今年6月、富士山の5合目で行われた聖火リレーで無事に聖火ランナーを務めることができました。杖を突き、次男に付き添われながらでしたが、緩やかな上り坂を300メートル歩き、聖火をつなぎました。医師は「奇跡に近い」と言っていました。

 発症は突然でした。明け方に変な感じがするなと思っていたら両足がしびれてきて、そのうち手足がどんどん麻痺していく感覚に襲われました。

 その日の朝、ちょうど東京から来ていた次男が僕の様子を見に来たので、「ちょっと手足がしびれている」と訴えると、すぐに救急車を呼んでくれたのです。それがよかったんだと思います。症状が出てからの対応が早かったから、ここまで回復できたのでしょう。

1 / 5 ページ

関連記事