ニューヨークからお届けします。

オミクロン株感染対策「入国禁止」は科学的に効果がない? 米国では批判の対象に

人影まばらな成田空港到着ロビー(C)日刊ゲンダイ

 世界を震撼させている新型コロナウイルスのオミクロン変異株。巷間で取り沙汰されているほど高い感染力があるのか、ワクチンへの耐性や重症化リスクの高低に関して、今この原稿を書いている12月初めの時点では科学的な分析結果は確認されていません。

 しかし、一刻も早い対策を取りたい各国政府は、より厳しい入国禁止措置に乗り出しました。一方で、こうした水際対策が本当に効果があるのか? 疑問の声も高まっています。

 まず批判の対象になっているのは、アメリカで行われているオミクロン株が最初に確認されたアフリカ諸国に対する入国禁止です。カリフォルニアに続いて確認されたミネソタ州の住人は、ニューヨークでアニメフェスに参加していたことが判明。ニューヨークで感染確認された人のほとんどは市中感染とみられ、すでにアフリカからの入国禁止は遅いということになります。

 そもそもパンデミックがこれほど進み世界中で変異株が発生する今、入国禁止に意味はないという専門家もいるほどです。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事