独白 愉快な“病人”たち

ポルノスターまりかさん 米国での乳がん手術を振り返る 両胸全摘でも仕事続け殿堂入り

まりかさん(提供写真)
まりかさん(ポルノスター)=乳がん

「まりかは十分がんばった。でも“可哀想”だと思ったら萎えちゃうから、むしろまりかのために引退してほしい……」

 仕事復帰するまでの2年間、SNSで病気の経過を報告していると、ファンの方々からそう書かれることもありました。

 でも、ポルノをやめるつもりはまったくなくて、「がんで両胸を失っても復帰してみないとどうなるかわからなくない?」と思っていました。続ける私をどう見るかは、みんなが決めればいいんだし。だから胸の再建には時間もお金もかけました。

「乳がん」がわかったのは、2018年10月でした。隣人のがんをきっかけにセルフチェックをしたら、右胸にしこりの感覚があったのです。米国では保険制度が複雑なので病院にかかるのも大変ですし、医療費も高額。おまけに英語力も足りないので「ヤバイな」と思いました。

 それでもなんとか検査を受けられ、「99%良性です」と言われたまではよかったのです。ただ、「しこりが大きいので数年後にがんになる可能性があるから手術すべき」という方向に話が進んでいき、部分麻酔の軽い手術で右胸のしこりを取りました。すると、2週間後の検診で「しこりはがんでした」と告知されたのです。最初はまったく信じていなくて、自分の英語力に問題があって「君はがんだったよ」と聞こえるだけだと思っていました。

1 / 5 ページ

関連記事