Dr.中川 がんサバイバーの知恵

オランダ代表監督が告白 前立腺がんは放射線&ホルモン療法で仕事と治療の両立を

ファン・ハール監督は夜中にキャンプを抜け出して(C)ロイター

 サッカーW杯カタール大会が開かれる年に、驚きのニュースが報じられました。毎回、優勝候補に挙げられるオランダを率いるファン・ハール監督が、テレビ番組で前立腺がんであることを告白したのです。

 AFP通信などによると、病気が分かったのは2020年。興味深いのは、がんの治療と監督業の両立です。代表選手にはがんであることを伝えると、選手たちの選択や判断を迷わせるかもしれないと考え、選手には伝えず、昨年から治療に励んだといいます。

 代表キャンプ中は、選手たちに知られないように夜中にキャンプを抜け出し、病院には裏口から入ったとか。そうやって放射線治療を合計25回行い、治療が成功したのは何よりです。

 代表監督という立場から外部への情報管理のためVIP待遇での治療がうかがえますが、一般のサラリーマンでも十分両立できます。そのことを紹介しましょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事