天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

心臓病患者は合併症を抱えている

 ただ、使用するタイミングによってはかえって悪化してしまうケースもありますし、費用もそれなりにかかるので、手軽に使えるものではありません。

 心臓手術を受ける患者さんは、とにかく「心臓を治す」ということに意識が集中しています。事前に腎臓の状態が悪いという説明は受けているものの、いざ術後に腎臓の状態が悪化すると、「心臓は治ったのに、腎臓が悪くなってしまったんですか?」といった状況になりがちです。

 合併症を抱える患者さんの心臓手術は、そうした難しさも想定しなければならないのです。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。