世界が注視する最新医療

ゲノム編集でAIDS治療

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 細胞の染色体に載っている遺伝子を働かなくする(破壊する)ことを、バイオの世界では「ノックアウト」と呼びます。1970年代から実用化されており、研究に多用されてきました。しかし、かなりの手間と時間とお金がかかるため、産業化は遅れていました。

 ところが、この問題を一気に解決するまったく新しい技術が出てきたのです。「ゲノム編集」と呼ばれるもので、中でも2013年に出現した「CRISPR/Cas9」(クリスパー・キャスナイン)は「革命」といわれるほど注目されています。

 これは、ガイドRNAと、Cas9と呼ばれるDNA切断酵素を組み合わせた方法です。ガイドRNAとは、DNAの狙った場所に結合するように設計された特殊な分子です。Cas9はガイドRNAが結合した位置でDNAを切断します。切られたDNAは細胞に備わっている修復機能によって再びつなぎ合わされるのですが、その際に一定の確率でミスが生じ、その部分の遺伝情報が壊れてしまいます。つまり、その遺伝子を「ノックアウト」できるのです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。