死を招く病気は秋に発症する

夏バテから夏風邪をこじらせて移行 「秋の肺炎」が急増中

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 夏と冬では亡くなる人の数が1.3倍も違います。秋はその中間地点。夏と比べて死亡数がじわじわと増えていきます。

 夏と冬で死亡数が大きく異なる病気といえば、真っ先に思いつくのが「脳卒中」でしょう。寒さで血圧が上がりやすくなるため、脳出血や脳梗塞になるリスクがアップするからです。また「心臓病」、とくに「急性心筋梗塞」が頭に浮かぶ人も多いはずです。

 ただ、最近では地球温暖化の影響で夏の暑さが厳しくなったため、これらの病気が夏に増えているという話もよく耳にします。患者数は確かに増えているのですが、それで亡くなる人はむしろ減少傾向にあります。

 脳梗塞の死亡数は、2004年8月には5768人でした。ところが、2014年には半分以下の2586人に減っています。また急性心筋梗塞で8月に亡くなった人も、3017人から2586人に減っています。これらの病気で亡くなる人は、年間を通して減少傾向にあるのです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。