「多死社会」時代に死を学ぶ

お金持ちほど健康に 貧富・学歴差が寿命を左右する時代

格差社会がここまで…(C)日刊ゲンダイ

「多死社会」は今世紀の日本を象徴する社会現象のひとつですが、「健康格差」も深刻化を増しています。健康格差は貧富の差による「心身の不調」や「病気のかかりやすさ」、それらによってもたらされる「平均寿命の差」などを総合した概念です。

 英国では、貧富の差による寿命の格差がすでに大きな問題として注目を集めています。たとえば、40~64歳の公務員を対象にした研究では、階級が上がるほど死亡率が下がることが明らかになりました。最下級の事務補助員と上級管理職の死亡率は、実に4倍も違っていたのです。日本人を対象とした研究でも、一般サラリーマンは管理職と比べて、体調不良などが2.6倍も多いとされています。

■お金を使うほど栄養摂取が良好

 東京大学が行った研究によると、家計支出の多い世帯ほど栄養摂取が良好だったそうです。支出の多い(裕福な)世帯は、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどを含むすべての栄養素をバランスよく豊富に取っているため、支出の少ない(貧しい)世帯よりも健康でいられるというわけです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。