明細書が語る日本の医療

乳がん手術 ほとんどの患者が受けている

30代が少ないのは難治性のため?(C)日刊ゲンダイ

 乳がんの手術は大きく「部分切除」と「全切除」に分けられます。さらに鎖骨周辺や腋窩のリンパ節を「郭清する」「しない」、全切除において「大胸筋・小胸筋を残す」「残さない」などの条件に応じて、細かく分類されています。しかし今回は右の2大分類で見ていくことにします。表に年齢別の新規患者数と手術件数をまとめました。

 新規患者数(2012年度)は約8万3000人ですが、2014年度には8万6000人前後に達したと推定されます。それに対して手術件数(2014年度)は約8万2000件。大半の患者がなんらかの手術を受けていることになります。

■30代が少ないのは難治性のため?

 年齢別で見ると、20代の乳がんはかなり珍しいことが分かります。しかし30代、40代で急激に増えてきます。タレントの小林麻央さんや北斗晶さんのケースは、決して珍しいケースでないことが分かります。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。