明細書が語る日本の医療

肝臓がん手術 切除なら日大板橋病院、ラジオ波は順天堂

切除術1位は日大板橋病院(C)日刊ゲンダイ

 DPC公開データで、肝臓がんの手術件数の多い病院を見ていきます。

 肝臓がんの切除術は「2区域以上」と「部分切除」に分けられています。肝臓は外科的には「外側区域」「内側区域」「前区域」「後区域」の4区域に分割されています。そのうちの2区域以上を切り取る大手術と、もっと狭い範囲を切除する手術に分けて集計しているわけです。しかし、ここではまとめて「切除術」としました。また、ラジオ波とマイクロ波は「ラジオ波焼灼法」に一括して集計されていますので、そのまま使いました。〈表〉はそれぞれの件数の多い病院をまとめたものです。

 切除術がもっとも多かったのは「日大板橋病院」、2位が「静岡がんセンター」、3位は「がん研究会有明病院」です。上位15病院のうち、実に7病院が東京に集中しています。またラジオ波では「順天堂医院」がトップ、「東大病院」が2位など、上位5位までを東京の病院が独占しています。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。