決算書でわかる有名病院のフトコロ事情

選択と集中…東京・多摩地区の総合病院の「静かな戦い」

多摩地区の病院に目を向けてみよう(写真は武蔵野赤十字病院)/(C)日刊ゲンダイ

 多摩総合医療センター(府中市・756床)は、北多摩南部医療圏と呼ばれる医療行政上の区割りに属しています。このエリアには、ほかに杏林大学医学部付属病院(三鷹市・1153床)、武蔵野赤十字病院(武蔵野市・611床)、東京慈恵会医科大学付属第三病院(狛江市・561床)があり、多摩総合とともに地域医療の中軸をなしています。

 人口密集地であるため、患者を奪い合うようなことはなさそうです。しかし、総合病院・大学病院だからといって、全方位展開をしていたのでは経営が成り立ちません。いまや東京の病院はいずれも台所事情が苦しくなっており、選択と集中を迫られているのです。

〈表〉は2010年と2015年の、消化器・循環器・乳房・目の手術件数(手術を受けた患者数)を集計したものです。この間、入院日数が短縮されたことや、高齢者の増加に伴って患者が増えたことなどから、ほとんどの分野で手術件数が増加しています。しかし、よく見ると病院間で違いがあることに気づきます。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。