決算書でわかる有名病院のフトコロ事情

三井記念病院の給与 医師は都内平均より高いのか?

三井記念病院(C)日刊ゲンダイ

 三井記念病院の2015年度の本業収益は、約193・1億円でした。それに対して費用は約193.4億円。差し引き3000万円ほどの赤字となっています。

 人件費は87.2億円と、意外と低く抑えられています。人件費比率(本業収益に占める人件費の割合)は約45%。多くの病院が50%を超える人件費で苦しんでいる中、この数字は驚異的です。

 ほかに大きいところでは医薬品38.5億円、材料費19.0億円、業務委託費(検査・給食・寝具・清掃・医療事務など)10.9億円などとなっています。

 本業以外も含めた収支は、約21億円の赤字でした。社会福祉法人の会計基準が変更になったことなどにより、20億円以上の特別損失を計上したことが影響しています。それを除けば、収支はほぼトントンになっています。

 三井記念病院の決算書(事業活動計算書)には、職種別の職員人件費がきっちりと書かれています。その中から医師と看護師の給与・賞与に絞って<表>にしました。

1 / 3 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。