天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「バチスタ手術」は決定的な外科治療とはいえなかった

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 これまで、心臓の働きが悪い患者さんに対しては、「心臓の働きを抑制する治療薬を用いることはよろしくない」といわれていました。

 しかし、β遮断薬を使って心臓の働きを弱めることによって、左心室の張り具合を改善できることが認められました。血圧が下がって僧帽弁の逆流も減らせる副次効果もあります。

 拡張型心筋症はいまも研究が続けられ、治療法も日進月歩で発展しているのです。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事